発毛と育毛の違いについて

最近なんだか「髪が細くなってきた」「地肌が目立つようになてっきた」「髪をとかした時に抜け毛が多い」と感じている方は、薄毛に一歩近づいているかもしてません。

今回は薄毛予防に役立つ「発毛」と「育毛」の情報についてまとめてみました。

目次

発毛と育毛について

抜け毛でお悩みの方は「発毛」と「育毛」というよく聞く言葉の違いについてご存知でしょうか。
「発毛」とは自分の髪が生えてくることをいいますが、一般的には抜け落ちた髪を再び生えてくるようにすることをいいます。
「育毛」とは、現在残存している髪の毛の成長を助けて、太く長く抜けにくい髪に育てることをいいます。

発毛と育毛は、髪に与えるエネルギーがそれぞれ異なるため、 名前が示しているとおり、発毛剤と育毛剤の目的は 生やすことと育てることでそれぞれ異なります。現在のご自身の状況に合わせてどちらを選択したら良いのかを決めましょう。

発毛剤と育毛剤についての詳しい内容は以下のとおりです。

発毛剤

発毛剤は、すでに髪が抜け落ちた状態となっている部分から、髪を生やすことを目的としています。
ヘアサイクルに関わる指令を出している毛乳頭の働きを活性化させる成分を主に使用しています。
医薬品に分類される発毛剤は細胞に強く働きかける成分を含んでいますが副作用のリスクが高くなります。

血管を拡張して血行を促進することで毛根周辺に栄養が行き渡りやすくするミノキシジルという成分や、 過度に働いている男性ホルモンの働きを抑制することで抜け毛の進行を抑えるフィナステリドという成分が有名です。
医薬品に分類される発毛剤に入っている成分には、血圧低下、頭痛、発疹、勃起不全などの副作用が報告されているので、 一般用医薬品(OTC)の中ではリスクが高いとされる第一類医薬品に指定されています。
医薬品に指定された発毛剤を初めて使用する場合には、専門的な診断を行っている皮膚科のある病院を受診するか、 薬剤師のいる薬局で薬剤師による健康状態の確認後に購入することが望ましいでしょう。

育毛剤

育毛剤は、育毛環境をしっかりと整えることを目的にしています。
髪は生えているけれど、細い髪や短い髪が増えている、また毛髪が全体にやわらかく、弱くなってきたという方、 更に今ある髪を抜け毛や薄毛から守りたいという方に向いています。

抜け毛を予防する、フケ・かゆみ・炎症を抑えて頭皮の環境を良くするなどの成分が配合されている場合が多くみられます。
発毛剤がすでに髪が抜けてしまった場合に使用するのに対して、 育毛剤は抜ける前の段階で予防的に使用するという違いがあります。
発毛剤に比べて作用がマイルドな分、効果が弱くなるのは否めません。

抜け毛でお悩みの方

◆どんな薄毛のタイプにも発毛が可能です‼︎
◆1人で悩まずお気軽に当サロンへご相談ください‼︎
◆完全予約制プライバシー厳守‼︎
◆徹底的な経過観察で効果が明解‼︎
◆発毛率98.7%‼︎理論に基づいた確実な発毛‼︎
◆発毛技能士があなたのお悩みに丁寧に応じます‼︎
◆大手サロンでも発毛できなかった方ご相談ください

お試し体験!

💁‍♂️お試し体験 初回6,600円
💁‍♀️ 随時受付中
📞 📩お気軽にお問い合わせください

【スーパースカルプ発毛センター 大橋駅前店】
福岡市南区大橋1-8-21大橋西口ビル5F
TEL:0120-040-084
営業時間:10時~21時(最終受付19:30)
定休日:不定休
HP: https://ss-hashi.………………………………………………………………

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ohashiのアバター ohashi 発毛技能士

福岡の大橋駅徒歩1分にあるスーパースカルプ大橋駅前店です!皆様のご来店を心よりお待ちしております。

目次
閉じる